いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

有限会社が廃止される?

新会社法について〜会社のルール

有限会社が廃止される?

「新会社法」施行前に設立されている有限会社は、有限会社という言葉を商号につかうことが認められています。
そのまま有限会社として存続するか、株式会社へ移行するのか、どちらかを選択することになります。

(1)有限会社として存続する場合
取締役等の任期がない、といった有限会社に認められている特典を失いたくなければ、有限会社でありつづけるのも選択の一つです。
また、商号変更となるので、看板や名刺、製品カタログなどを作り直すコストが発生しますし・・・考えどころですね。

(2)株式会社へ組織変更する場合
株式会社の「最低資本金制度(1000万円)」も撤廃される予定ですので、資本金300万円のままで株式会社へ移行することも可能です。
ただし、「取締役(監査役)の任期がない」という有限会社の特典は失われるので、取締役は任期が来れば、任期満了後に、改選→登記手続きが必要です。
※新会社法では、取締役(監査役)の任期は最長10年と定められます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。