いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

議決権制限株式とは?

新会社法について〜会社法用語

議決権制限株式とは?

議決権制限株式とは、議決権の行使に対して一定の制限が付されていることが定款に定められている株式のこと。
従来は、ある種類の株式だけに議決権制限を付すことはできないとされていたが、会社法ではこれが認められることになった(会社法第108条第1項)。

役員選任など特定の決議事項についてのみ議決権を認め、他の決議事項については議決権が認められない株式などが考えられる。

普通株式を定款変更により議決権制限株式に変更した場合については、株主の財産的損害に直結するものではないため、株式買取請求権は認められないが、当該制度の濫用を防止するため、議決権制限株式の数は発行済株式総数の2分の1以下とされている(会社法第115条)。ただし、株式譲渡制限会社においては制限はない。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67540178

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。