いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

取締役会の書面決議とは?

新会社法について〜取締役の役割

取締役会の書面決議とは?

これまで、取締役会は直接意見交換して意思決定する必要があるとの考えから会議を省略することはできませんでした。

新会社法では、機動的な会社経営の実現を図るニーズの高まりを受け、書面上での決議(いわゆる「書面決議」)が認められています。

<決議条件>

取締役会の決議目的である事項について、取締役の全員が持ち回りの文書または電子メールなどによってその内容に同意をし、かつ、監査役(業務監査権限を有する監査役がいる場合)が異議を述べない場合に決議が成立します。

ただし、すべての取締役会を書面決議でできるわけではなく、代表取締役等が3ヶ月に1回以上行わなければならない取締役会への業務執行状況の報告については、実際に取締役会を開催する必要がありますので注意が必要です。

書面決議によって、遠方の取締役の移動コストなどが削減できるのもメリットの一つ!

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67552674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。