いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

内部統制の2つのルールとは?

新会社法について〜取締役の役割

内部統制の2つのルールとは?

内部統制には大きく分けて2つのルールがあります。

一つは、既に施行された新会社法によって、大会社に内部統制システムの設置が義務づけられたことです。
次に、いわゆる「日本版SOX法」といわれる金融庁が進める内部統制制度で、投資家保護を目的に証券取引法などを改正・再編した「金融商品取引法案(通称、投資サービス法案)」に企業の情報開示に規律を与える手段として盛り込まれたものです。
原則「すべての上場企業」に内部統制システムの導入を義務付けるとともに、
・毎年の決算ごとに経営者による「評価」と
・公認会計士による「監査」
を義務付けた点が特徴です。

上場企業に対する内部統制システム導入の義務付けは、2008年4月1日以降に始まる事業年度から適用される見通しです。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。