いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

J-SOXと米国SOX法との違い

米国のSOX法とJ-SOX法を比べた場合、J-SOX法の特徴として、内部統制不備の区分が2つであること、ダイレクト・レポーティングの不採用、の2点が挙げられます。

まず、内部統制不備の区分については、米国SOX法では「重要な欠陥」「重大な不備」「軽微な不備」の3つを設けていますが、日本版SOX法では、「重大な不備」と「軽微な不備」は、財務報告への直接的影響が大きくないため、あえて区分せず「不備」という形で一括りになっています。「重要な欠陥」と「不備」の二本立てにすることにより、評価手続きの煩雑さが緩和されています。

次に、ダイレクト・レポーティングについては、米国SOX法では、経営者が評価した内部統制の結果について、監査人がもう一度、監査上の要点を選定するところから監査をし直す必要があります。これが、作業量、文書量を倍増させる結果をもららしており、費用対効果の観点から、日本版SOX法では採用は見送られています。よって、日本版SOX法では、経営者が内部統制を評価し作成した内部統制報告書を、監査人が監査する、という形をとっています。

この記事へのトラックバック

ド ウ テ イ 捨てました!
Excerpt: 年末だし今年で37歳だからかなりあせってたんだけど、あっさりすてれちゃった(笑)
Weblog: ヤマダです
Tracked: 2007-12-14 17:51

日本版SOX法 を一語で検索
Excerpt: 日本版SOX法での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
Weblog: 一語で検索
Tracked: 2007-12-17 11:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。