いちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイントいちばんわかりやすい新会社法のポイント
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,000
日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校日本一やさしい新会社法の学校
販売店:楽天ブックス
価格:¥1,628
osadasoft

文書化のポイント

内部統制の整備作業の多くは、「文書化」に充てられることになります。

内部統制に関わる文書は、「業務を制度化、標準化する」という社内における目的だけでなく、内部統制監査という第三者への証拠資料にもなるのですので、内部統制監査に耐えうるレベルで作成する必要があります。

日本における内部統制監査の「実施基準」は、まだ明らかになっていませんが、米国における内部統制監査の実施基準であるPCAOB(公開会社監視委員会)の監査基準第2号パラグラフ42には、文書化への要請事項が挙げられていますので、それらの要請事項に沿うと次の3つの文書が必要となります。

(1)業務記述書
個々の業務における作業内容や手順を記述した文書で、管理方針や職務分掌なども含まれます。

(2)業務フローチャート
業務の流れをフローチャート形式で記述した文書です。

(3)リスク・コントロール・マトリックス(RCM)
業務プロセスのどこにリスクがあり、それをどのようにコントロール(統制)しているのかを記述した文書です。

これらを内部統制における文書化の3点セットと呼ばれることもあります。

この記事へのトラックバック

ド ウ テ イ 捨てました!
Excerpt: 年末だし今年で37歳だからかなりあせってたんだけど、あっさりすてれちゃった(笑)
Weblog: ヤマダです
Tracked: 2007-12-14 17:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。